パカメラ:動画、スマホ動画、カメラのおはなし

pacamera

Movie

iPhoneで動画を撮る!編集するための2つ撮影の方法

投稿日:

動画を作るために、iPhoneで動画を撮る場合、
・ドラマのようにテンポよく転回したい撮り方
・芸術的、「おっ」思わせるような撮り方
・子どもの発表会などに使える撮り方
は、どういった動画の撮り方、手法などがあるのかな?

 

という、疑問にお答えします。
今回は、iPhoneで動画を撮る方法などを紹介します。

 

【iPhone】動画を撮るための代表的な2つ撮影の方法

iPhoneは、電話やインターネットもできるコンパクトなマルチデバイスです。
カメラもどんどん高性能になってますね。

今回は、iPhoneをカメラと見立ててどういった撮影方法があるか?ご紹介します。
動画編集も、もちろん念頭におきます。

iPhoneの動画の撮影方法について大きく分けて2つ

  • 一つの動画をワンカットで撮影する
  • 複数の動画を小分けで撮影する

があります。

これはカメラの違いというよりも、撮影の手法です。

これら2つの動画のとり方は、編集するときにどう影響するのか?
またどんなときに、これらの方法で撮影をするのか?

例を交えて、それぞれの動画のとり方の特徴を紹介します。

 

 

1.ワンカットで撮影する

シャッターを押してから、止めるまで、すべてを撮影してしまう方法です。

 

え、ふつうやん?

 

とおもうかもしれませんが、
動画編集をおこなう上では、もう一つの方法とは相対的な方法です。

※少し違いますが、ライブ配信もこの類になります。

  • 子供の発表会
  • 授業・講義の様子
  • 講演会・トークショーの様子
  • 実況系のユーチューバー

 

など、
時系列が重要視される場面などに、「ワンカット動画」は撮影されます。

主な機材は、固定なので

・三脚固定/動く場合はジンバル
・定点撮影/ズームのみ
・カメラ1台〜複数台
*その他、GoPro等のアクションカムなど。

で撮影します。

この場合、撮影したあとの編集は

・空白/無音など無駄な部分を削除する
・複数台で撮影した場合は、
・動画を重ねる
・ピクチャーインピクチャー
・字幕/テロップを挿入する

などをしていきます。

細かくカットして並べるいうよりは、

定まった内容・時間の流れの動画を、最適化する

といった編集内容です。

ピクチャーインピクチャーについては、【iPhone】動画と動画を重ねて一つの動画として保存/【iMovie】ピクチャー・イン・ピクチャーの方法についてなどを、こちらの記事に紹介しています。

iPhoneで動画を重ねる方法。ピクチャー・イン・ピクチャー【iMovie】

 

iPhoneで動画を重ねる方法は、こちらの記事に紹介をしています

【iPhone】動画を並べて比較動画を作成するアプリ(iMovie)

 

ワンカットムービーでも、その他に、

  • ミュージックビデオ
  • ショートムービー

があるのもたまに見かけます。

しかし、「芸術作品」という意味合いが大きいかなと感じます。
成功・失敗もふくめ「ライブ感」「リアリティ」がそのまま映像にのこるので一つの芸術作品となるのです。

 

 

2.複数の動画を小分けで撮影する

場面ごとに、その都度、その都度、動画を数秒ごとに撮影していく方法です。

 

こちらの撮り方は、

  • 風景や施設の紹介
  • お店の紹介
  • ドラマや映画などのストーリー
  • イベントレポート

 

など、

・場面や被写体などをたくさん盛り込みたい
・場所が大きく変わる場合
・転回を早くして、ストーリーとして作り込みたい
・「失敗がない」動画にしたいとき
・実際の時間軸を無視して作成する(後で動画を入れ込む)

といったときに向いています。
どちらかといえばガッツリ編集向きです。

また、あらかじめ撮影前に、絵コンテや構成表が立てやすいので
動画をどう撮影するかを決めやすいです。

撮影する機材は、特に決まりはないです
様々な方法で撮影・アングルで、動画を作り込んでいきます。

実際にこれらの動画を編集をするにあたり、
こちらの記事にポイントをまとめています。動画を短くまとめる5つのポイントとして、【編集】1カットを10秒以内で仕上げる/【撮影】風景・背景・外観を1カット入れる/【撮影】ピックアップ・どアップ/【撮影】時間の流れがわかるもの/【編集】動画のつなぎ方(遠→近、近→遠)などを紹介をしています。

1分動画の作り方。動画を短くまとめる5つのポイント。

 

 

どちらの方法を使えばいいのかわからない

実際に例はあげましたが、

どちらの方法で動画を撮ればよいのかな?

と悩む人もいるでしょう。私も悩みました。

確かに例のようなシチュエーションもあるのですが、
最終的には

自分の編集がしやすい方法

というのがベストです。

また、私の場合は、

・時間をかけて動画を作り込む
→小分け撮影

・早く動画を公開したい
→ワンカット撮影

という感じに条件を分けています。

自分の作業がしやすい、楽である、時間がかからない方法を選ぶのが、長く続ける上でも大事になります。

 

 

iPhoneで動画を撮ったら、編集をしてみよう!

今回は、iPhoneを使った動画を撮る方法、テクニックなどをご紹介しました。

実際に撮影するシチュエーションは、
そのときどきで違いますが、

  • 一つの動画をワンカットで撮影する
  • 複数のカットを小分けで撮影する

をそれぞれを使い分けてまずは楽しんでみましょう。

また、方法だけではなく

実際に動画の撮影するときのポイントもまとめて紹介しています。
【基本】動画を撮影するときの5つのポイント/【動画撮影1】手ぶれを抑える/【動画撮影2】フォーカス(焦点)を合わせる/【動画撮影3】水平を合わせる(水準器)/【動画撮影4】ライティング・光を意識する/【動画撮影5】実際に使う動画より3〜5秒長く撮影する/高性能カメラを買えば「問題なし」では?/【動画】撮影するときに必要なことは、わかりやすいこと、などを紹介しています。

【動画】撮影するときに押さえておくべき5つのポイント。

 

そして、
こういった動画を撮ったあとは、やっぱり動画編集をして素敵なムービーを作りましょう!

iPhoneで動画を編集するためには「動画編集アプリ」をつかいます。
こちらの記事では、1.iPhoneの「写真」アプリではじめる動画編集/2.無料アプリ「iMovie」ではじめる動画編集/3.無料アプリをつかう/4.有料アプリをつかう/パソコンで動画を編集するほうが優れているのかな?、などを紹介しています。

iPhoneで動画を編集する方法【まとめ】

-Movie

Copyright© pacamera , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.