パカメラ:動画、スマホ動画、カメラのおはなし

pacamera

Movie

iPhoneのiMovieでエンドロールを実現!エンディングを作る方法

更新日:

iPhoneのiMovieを使って、動画の最後をかっこよくしたい!

例えば

・「END」とか「to be continue」みたいなテキストを入れたい!

・もっとかっこよく、映画のようなエンドロールを作りたい!

こういうことってできるのかな?

 

という疑問についてお答えします。

今回はiPhoneの動画編集アプリ「iMovie」を使ったエンディングの作成方法についてご紹介します。

【iMovie】エンディングを彩るにはテーマ選択とテクニック

【iMovie】エンディングを彩るにはテーマ選択とテクニック

映画やドラマの最後、エンディング曲と共に流れるのは、
スタッフや製作者の名前が入った

 

エンドロール

 

結婚式のスライドなどでも感謝の意を込めてエンドロールは流れます。

せっかくだから素敵なエンディングを作りたい!!とおもうかもしれません。

iPhoneのiMovieにも「エンディング」のテロップを追加する機能があります。
ですが、「エンドロール」の機能は残念ながら2019年5月現在のバージョンではありません

 

 

ですが、今回、この記事ではiMoiveの機能と、少しの工夫プラスした

  • 「エンディング」のテロップの作り方
  • iPhone版iMovieで実現できる、エンドロールの作り方

を紹介いたします。

 

※まだ、iMovieの使い方がよくわからない?

※iMovieの基本的な動画編集の方法について、まだよくわからないひとは、こちらの記事にて、iMovieを使った動画作成の一通りの流れを紹介をしています。
1.動画/写真の追加・削除・並び替え/2.テキスト入力(テロップ)/3.BGMを追加/4.フィルタ/テーマによる全体の雰囲気を変更する/5.一つの動画として保存/6.保存時画質を選択できる、等の説明しています。

【iMovie】iPhoneで動画編集をしてムービーを作ろう!

また、動画にふつうの字幕を入れる場合はこちらを参考にしてください

 

【iMoiveの使い方】エンディングの作り方

1.「エンディング」のテキスト(テロップ)の作り方

iPhone版「iMovie」のエンディングのテキスト(テロップ)は、テーマごとに用意されています。

iPhoneのiMovie「エンディング」のテキスト(テロップ)の作り方

1.左下「歯車」をタップし、テーマをタップし、完了をタップする。
ここでは例として、テーマ「ネオン」を選択しています。

 

2.次に最後のクリップ(写真・動画)を一度タップし黄色い枠にします。
「T」の文字が下に表示されたら、「T」をタップし、「なし」のひとつ右隣をタップします。
そして「オープニング・ミドル・エンディング」と表示されるので、エンディングをタップします。

エンディングのテロップの挿入が完了しました。

 

画面上の文字の部分をタップして、文字を自由に書き換えることができます。残念ながら改行はできません。

エンディングテロップの画面

テーマごとのエンディングのテキスト(テロップ)は以下のとおりとなります。

iPhoneのiMovieテーマごとのエンディングのテキスト(テロップ)

基本、どれもテーマに似合う、シンプルなものばかりとなります。

 

 

2.iPhone版iMovieで実現できる、エンドロールの作り方

iPhone版iMovieで実現できる、エンドロールは基本機能ではできません。

今回はシンプルなエンドロールを作成します。手順としては

1.別アプリ(keynote等)で作成し、エンドロールする静止画(jpeg/pngなど)を用意する。
2.iMovieの編集中のムービーに、クリップとして最後に追加する。
3.追加した静止画を、下から上へと流れるようにする。

となります。

別アプリ(keynote等)でエンドロールするテキスト画像を作成する

画像作成アプリなら何でも良いですが、縦長のテキスト入りの画像を作成します。
*フルHDなら横幅1980px、4Kなら横幅3840pxに合わせたほうが良いです。

iPhoneに入っているアプリで作成する場合、「keynote」を使うと便利です。
ここではkeynoteを使った簡単な作成例を紹介します
※他にもたくさん方法はあるので一例です。

1.「keynote」のアプリを起動し、プロジェクトを新しく作成する。

Keynoteを起動する

2.「エンドロール」に表示するテキストを、「編集エリア」入力する。
※2枠あるので、上のタイトル枠は削除します。

3.設定→書式設定に移動し、「画像サイズ」変更する。

iPhone版iMovieでエンドロールを作るときkeynoteを使う

 

 

4.「書類設定」を選択後、最下部の「スライドのサイズ」をタップ。
縦長のサイズを入力する(画質良いほうがいい)。完了をタップする。

 

5.上部の書式ボタンより、フォントサイズや文字の色などを変更する
ポイント:上下に余白をつくります

6.設定→書き出し→JPEG(高品質)or PNG→書き出し→「画像を保存」
とすると「写真」アプリに保存されます。

※動画を作成しても良いですが、静止画の場合だとiMovie側で速度調整が簡単になります。

 

iMovieの編集中のムービーに、クリップとして最後に追加する。

1.iMovieのアプリを起動し、編集中のムービーの最後尾に移動する。

2.「+」をタップし、作成した「エンドロールの画像」クリップをタップして、最後尾に挿入する

iPhone版iMovieの編集中のムービーに、クリップとして最後に追加する。

 

※挿入するだけでは、終了ではありません。

 

 

追加した静止画を、下から上へと流れるようにする。

iP}hone版iMovieでエンドロールを実現するため静止画を、下から上へと流れるようにする。

1.読み込んだエンドロールのクリップ(写真)をタップし黄色い枠を表示させる。

2.画面上「Ken Burns」をオンにする。

3.左向きの矢印をタップしクリップの開始位置に移動する。
エンドロールの画面をスライドさせ、画像の一番上が画面にうつるように位置・サイズを調整する。

4.右向きの矢印をタップしクリップの終了位置に移動する。
エンドロールの画面をスライドさせ、画像の一番下が画面にうつるように位置・サイズを調整する。

※エンドロールが一番最後ならば、歯車をタップして、黒へフェードアウトをオンにすると見栄えが良い。

以上で、シンプルなエンドロールの作成方法です。

iMovieの動画の保存方法について

iPhoneのiMovieに「エンドロールの機能」ってないの?

パソコン(Mac版)には、エンドロールのテロップ機能はありますがiPhone版にはありません

 

パソコン(Mac版)iMovieが使える人は、
iPhoneの作成した編集中の動画をそのまま移行できるので、エンドロールを追加してください。

 

もし、iPhoneのみで完結したい場合は、別のアプリを探すかもしくは、上記で紹介した方法をお使いください。

ふつうにiMovieで字幕を付ける方法についてはこちらから

【iMovie】iPhoneでエンドロールを作るのは工夫が必要

【iMovie】iPhoneでエンドロールを作るのは工夫が必要

今回は、iPhone版iMovieを用いた「エンディング」のテロップの作り方と、エンドロールの工夫した作成方法についてご紹介しました。

iPhone版iMovieのエンドロールは、バージョンアップで機能追加してほしい機能の一つですよね。

本格的なムービーを作る人にとって、最後の締めの部分、エンディングムービーは妥協したくないですよね。iMovieは、動画編集の基本的な機能が使えるアプリではありますが、

 

ポイント

「せっかくここまで作ったのに、やっぱりできない」

「使えないアプリだなぁ。動画編集はやっぱりムズい」

 

と、機能を知らないばっかりに、もったいない場合もあります。

ぜひ、まずは一本のムービーを作り上げてみてくださいね。

 

iPhoneで動画に字幕を付ける方法

iMovieで動画に字幕をつける方法
iPhoneで撮影した動画に、しゃべった言葉の字幕をいれたい、セリフを強調したい!、文字でツッコミを入れたい!など、iMovieを使って字幕を入れる方法は、こちらの記事に紹介しています。

iMovieで動画に字幕をつける方法【iPhone】

【iMovieの使い方】iPhoneで動画編集をはじめよう!

iPhoneには、「iMoive」という無料で使うことができる優れた動画編集アプリがあります。

iMoiveは基本的なアプリですが、使い込むとすごいムービーも作れます。
こちらの記事は、iMovieを使って作成するための機能をまとめて紹介しています。

【iMovieの使い方】iPhoneで動画編集をはじめよう!

-Movie

Copyright© pacamera , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.